短小の人も女性をより喜ばせたい人も増大サプリを試しましょう

男性は若い頃には必ずと言っていいほど、自分のものが短小ではないかと悩む事があります。トイレで友人のものが見えたり、一緒に温泉などに入る時にこうした事を感じ、気になり出すといつしかそれが悩みにまでエスカレートします。

他人のものは横から見え、自分のものは上から見るため、同じサイズであっても相対的に自分のものが小さく見えるものです。また、通常の状態の大小よりも、勃起時のサイズが重要で、日本人の平均サイズを調べて比べてみて、自分のものがそれほど短小ではないと知りほっとする事もあります。

やがて女性経験を持つと、サイズもさることながら硬度が重要であり、またテクニックが重要な事にも気付きます。それでも、硬度があり、テクニックがあり、さらにサイズが大きければ女性をより喜ばす事ができると考えるようになります。

そこで、短小であると言う悩みからではなく、より女性を喜ばせるために増大サプリを試して見ようと考えたりします。増大サプリは、精力剤同様の成分の他、局部の血管を拡張し、血流を増す成分を含んでいる事が多く、仮に通常サイズが増大する事が無くても、膨張率が増えていざと言う時に増大効果と一層の高度アップが期待できるのです。特に最近ではヴィトックスαという増大サプリがこういった効能があるということで人気が高まっています。

短小の悩みのある人はもとより、より女性に快楽を与える事を望む方は、増大サプリを試す価値があると思いますネ。

短小はやはり恥ずかしい

私のイチモツは決して大きくなく、20代中盤まで真性包茎だったので亀頭も小さいです。そこから自分で皮を伸ばし亀頭を露出させたので、皮もダルンダルンに残っています。亀頭を初めて露出させた時の痛みと言ったら、空気に触れるだけで痛むんですから恐ろしいものです。私の人生で一番痛かった体験です。

そんな私も今では銭湯や温泉に入りやすくなった訳ですが、短小が治ったわけではありません。やはり周りの目は気になるもので、
子供に何か言われないかとビクビクしている所もあり、情けない限りです。対策としては陰毛の長さを適度に保つ。そうしないと陰毛に隠れてしまいますから。それと痩せることですね。贅肉に埋もれるとかなり短く見えてしまいますから。

世の中にはペニスを増大させるアプリというものがあるらしいですが、なんとも言えないですね。これがダイエットであれば部分やせを否定するところですが、増大となるとどうなのだろうか。薬品であれば部分的に効果を出せますが、サプリの強度で部分増大となるとやはり難しいんじゃないかと考察します。

それでもコンプレックスと向き合わねばならない

背が小さい、器が小さい、足が小さい、人間が小さい・・・等々男には小ささに関した悩みやコンプレックスがたくさんあります。

人はそれらと向き合い悩み妥協し受け入れることで人間的な成長をしていくことかと思います。そんな小ささの悩みですが僕の場合は下半身のご自身の短小さがそれでした。中学くらいの性の目覚めの時期に自分が短小だということを自覚し、その後は短小コンプレックスを抱えながら生きていきました。

今でこそそれほどではないですが、一時期は短小には性交する資格がないとまで考えており、青春の大部分をそれで無駄にしてしまいました。今思えばかなりもったいない事をしてしまった気がします。

そんな僕でしたがいつまでも下を向いて生きていくわけにもいきません。20歳くらいの頃でしょうか。自身の短小と向き合います。さすがに手術などは抵抗があったため飲む増大サプリ系などを色々試しました。

複数種試したため実際の所どれに効果があったかはわかりませんが最終的に4〜5センチほど伸び、見事日本人平均を上回りました。今では大きくなった事よりも問題と向き合い乗り越えた事に喜びを感じています。