日本には短小について悩んでる方が多くいるかと思います。

日本には短小について悩んでる方が多くいるかと思います。実際大きい人もいれば小さい人もいる、これは当然のことです。しかし、外国人には大きいと言われる方が多くいます。
正直外国人には勝てません。元々体格が違い、その理由としては食生活が大きく違っている為です。その為、大きさについても必然的に負けてしまうのです。

短小で1番の悩みとするならば彼女がいることでしょう。
彼女がはっきり言うタイプの女性であれば問題なく、悩む必要もないかもしれません。しかしこれがなにも言わないタイプであれば正直どう思われているのか非常に気になります。

そして突然の別れを切れ出された時、短小が原因だったのではと考えてしまうのです。

逆に彼女の立場で考えてみましょう。
実際問題、別れるといったときには正直短小のこともありますがそれが原因ではありません。もっと違うところに観点を置いているからです。

男性が思っているほど、彼女はそこまで考えておりません。

また彼女がいない人には好きな人がいるかもしれませんね。
その方にも短小の悩みはつきものです。
付き合った時のことを考えると怖くて付き合うことが出来ません。女の人が実際そこまで考えていないのに男性はなぜそこまで考えてしまうのでしょう?

それは世間体がそのような考え方を導き出しているのです。
周りの友人や職場の先輩等の話の中で大きさが話題になり、自然と小さいのではだめだと感じてしまうのです。
また最近では漫画、雑誌でも取り上げる機会が多くなり手術で大きくなりますなどの掲載が多くされています。その記事を見ることでも短小への偏見が出来てしまい、短小の方が更に追い込まれていく原因を作り出しているのです。

しかし、本や雑誌で掲載がされているのであれば治療することも可能です。お金は少しかかりますが今後悩むことなく楽しい人生を過ごして行きたいのであれば治療することをおすすめ致します。

短小が悪いというわけではなく、なんとなく世間体が短小を見下しているというのが悩んでいる方の原因でしょうか。
世の中には短小の方が良いという方もいます。これは事実です。
全人類が否定しているわけではありませんので、深く考え込むことはありません。もっと前向きにポジティブに生きていきましょう。

それ以外にも悩むことは沢山あります。短小の悩みも重要な悩みかもしれませんが、その部分にとらわれることなく楽しいことを考えて今後の人生を過ごしてみてはいかがでしょうか??

短小・包茎がコンプレックス。なんとか治せないものか?

私は短小・包茎がコンプレックス。
私の悩みで一番大きなものが自分のシンボルについてです。具体的に言うとそれは短く、しかも包茎なのです。

包茎の種類はさほど詳しくないので分かりませんが、普段はすっぽりと皮が被っていて、勃起すると皮が剥けます。

私が包茎だと分かったのは高校の卒業旅行で、友人と一緒に温泉に入ったときでした。

皆で大きさ比べをしていたら友人に包茎だとからかわれてしまったのです。それは顔から火が出るほど恥ずかしかったです。

包茎だと見た目が悪いだけでなく、不潔になりやすいため普通の人より臭くなりやすいのも困ってしまいます。

そのことから彼女に嫌な顔をされたり、心ない言葉を浴びせられたのです。

手術で治すことが出来ることも知っていますが、そのためには病院に行って自分の下半身をさらけ出さなくてはなりません。それは下半身に大きなコンプレックスを抱いている私にはとても難しいことなのです。

しかし勇気を出してコンプレックス解消したいです。